多摩地区のインターナショナルスクール情報 多摩ナビ

Top多摩地区のインターナショナルスクール一覧英語教育って?公立の小学校との狭間でLINKブログ

日本の英語教育


日本人のアイデンティティが失われるからインターナショナルスクールに入れる親の気が知れないって、よく聞くけれど、本当にそう?公立の小学校、中学校出たからって日本人らしい日本語を話し、日本の文化や今の日本の事を知ってる人ってどれだけいるんだろう。確かに世界地図を見て、日本はここです。って、指差せる子達は大半だろうけど。
実際、自分は日本生まれの日本育ち、多摩地区の団地で「普通」に育ってきた。

でも、大人になってj-waveinter-FMなどのラジオを良く聞くようになって思うのが、ラジオDJのようなインターナショナルスクール育ちのバイリンガルの人たちの方が日本語がきれいだと思う事が多々ある。 
なんでそうなのかは、分からないけど、きっと「ことば」に対する意識が違うんじゃないかなと思う。

今のインターナショナルスクールの経営者だって馬鹿じゃないから、最近は日本の文化を年間行事に多く入れ、「国語」を多く学んでいるところも多い。というか、むしろ、日本の公立よりもしっかり学んでいるところも多いんじゃないかと思う。
算数だって決して侮れない。

そして、何より大事な事は勉強する意識。

私が育ってきた経験や現在仕事で接する小中学生の子供をみていると、日本はただの詰め込み式。
先生が黒板に書いたものを書き写す。

今は小学校低学年でも授業中に寝ている子がいるって言う。
先生のことを「くそばばあ!」と叫ぶ子が多かれ少なかれいる時代。
インターがどうか、それは子供の成長を見守りつつ、観察して行くしかないけど、先生の事を「くそばばあ!」なんて言う子がいたらはったおしてほしい、正直。


インターナショナルスクール出身者 受入校

玉川IB

大妻中の中学校・高校


宝仙学園中学校共学部理数インター


広尾学園中学・高等学校


かえつ有明中学・高校

茗溪学園中学校グローバルコース

 

                                          →→日本の英語教育 その2


Copyright(c) 2015 多摩地区のインターナショナルスクール情報 All Rights Reserved.