多摩地区のインターナショナルスクール情報 多摩ナビ

Top多摩地区のインターナショナルスクール一覧英語教育って?公立の小学校との狭間でLINKブログ

日本の英語教育事情〜IBDP(国際バカロレア)

小学生向け情報
児童英検

 

日本の英語教育・・・
今は小学校低学年からあるところもありますが、だいたいは高学年から何となくスタート。その後、文法重視の英語を6年間詰め込んでも話せるようにならない。残念な感じです。

学生の時に海外に留学経験のある人は感じると思うのですが、日本の英語教育の遅れ。
未だに小さい頃から英語をやると頭が混乱してしまって母国語である日本語がちゃんと話せなくなると思っている人が多いようだけど、どうなんだろう。

小さいうちや幼稚園生の時は母国語が大事。外国語を入れたら頭が混乱する。って良く聞きます。


英語が話せなくったって、だいじょうぶ。 確かにそうかもしれない。日本は島国だから、「外」にでなくても平和で楽しく暮らせて行ける。だから、日本で暮らして行く分には英語が話せなくてもなんら問題もない。グローバル人にはなる必要がない。
という人が身近にいます。(身内です・・・)

だけど、2020年のオリンピックを見据えて国は、グローバル人の育成を!と叫びだした。だけど、英語を教えられる人がいない・・・世界レベルの土俵に立てない。

日本人は仮に英語が話せても、自分の意思を相手にぶつけ、協議するだけの教育を受けてきてない。と思うんです。

自分もそうだから、外国の人と話す時にもどかしさを感じずにはいられなかったから、子供には自分の言葉をはっきりもち、これからの時代を生き抜く力をつけてほしいと思いました。
それで、まずは地元の幼稚園探し。どれもこれもピンとこなくてネットで探しまくって、近くのインターナショナルスクールにいれてみた。

そして、子供が年長になって、今度は公立小学校の運動会、学校公開見学等に行ってみた。決して悪くはない印象。

だけど、住んでいる地域での学校問題を多く聞くに連れ、何となく公立校に対しての期待感がなくなってきてしまいました。
そこで、都内、神奈川県のインターナショナルスクールやプリスクールを探したのだけれど、市部にあるのがなかなか見つからない!ということで、自分なりに探して一覧にしてみました。

多摩地区の幼児教育・初等教育レベル、特に英語教育のレベルが上がって行く事を望みつつ、サイトを運営して行こうと思います。

 

Topics
グローバル教育の実態と学校選択の視点

国際バカロレアが日本で普及するために

このサイトについて

       ■ブログ


Copyright(c) 2015 多摩地区のインターナショナルスクール情報 All Rights Reserved.